事業の多角化の一環として

今や代理店の種類は大小さまざまあります。一つのビジネスが成功すると、ビジネスチャンスが短くなってきています。そのために事業展開を急ぐために、規模を全国に向けて拡大対策がとられます。代理店の入会契約も昔のように、審査の厳しいものではなくなってきているのが実情です。中小企業だけでなく、大企業においても事業の多角化を考える時に、同系統のビジネスであれば即事業として立ち上げることができるため、大いに利用すべきでしょう。

副業としてはじめ独立に備える

サラリーマンで独立開業を考えている人は、辞表をだすと収入は途絶えてしまいます。開業しても即収入になるとは限りません。また、当初の収入予定があっても、いつ途絶えるか不安なものです。本命の開業に備えて、勤めているうちに大きな収入となる事業でなくても、代理店契約をして収入の道を作っておくことは賢明な対策といえます。代理店とはいっても、事業となるため月次の決算が必要ですから、本命を始める前に予行演習にもなります。

奥さんの小遣い稼ぎにどうぞ

代理店には、自宅を少し改造して行えるものもあります。子育てのために、外に出かけられない主婦が出来るような代理店もあります。地域に根差したクリーニングの受け渡しなどがこれにあたります。お客が来れば、預かるのと渡す作業ですし、業者も来てくれるので外出をする必要がありません。また、修理の好きな人や家電に強い人は、iphone修理などもあります。こちらのような代理店は、自宅の改装などは必要としません。宅急便が発達していますから、どこでもできる仕事になります。

会社の代わりに営業を行う代理店には、会社の視点とは違った営業方法や地方の風習にあった営業が可能で、多くの業種で代理店を起用しており、代理店の募集をしています

代理店の種類は大小さまざまで希望に応じて選べますーその3選

Post navigation