倉庫のさまざまな活用方法

倉庫は物流には欠かせない大事なものですが、一般的な使い方だけでなく、いろいろな活用方法があることも特徴と言えるでしょう。イベントスペースとして開放したり、臨時の駐車場にするなど、その可能性は計り知れません。小売業界では、本来バックヤードであった倉庫を売り場へと改装し、業績を伸ばしたケースもあります。特に海外企業から取り入れられたシステムが多く、セルフサービスでの買い物が受け入れられてきていることもあるでしょう。

注目を集める倉庫型店舗

日本でも、在庫がそのまま店頭にすべて並んでいる、倉庫型の店舗が人気を集めてきています。天井が高く、見通しが良いワンフロアといった、開放的な空間が特徴になっています。普通の店舗では取り扱いにくい、大型の商品を展示できるのも倉庫ならではの強みでしょう。カタログやホームページの画像で見るだけで、あまりイメージ出来なかった商品も、実際に目の前で触って確認することによって、購入を決めるきっかけも生まれやすくなります。

スケール感あふれる店内

倉庫型店舗の魅力といえば、非日常的な空間を体感できることでしょう。巨大なフロアに商品が大量に並べられた景色は、まるでエンターテインメントのようなスケール感です。店内を見て回るだけでも楽しい、というのはお店としては強い武器になります。気分が上がっているときほど、財布のひもが緩みやすいものです。何となく来てみたら、たくさん欲しいものが見つかって、予定にない買い物までしてしまったという人が多いのも頷けます。

3PLで外部の業者に物流を任せることで、コストを抑えてサービスの水準も改善することが可能になります。

魅力がたくさん!見るだけでも楽しい倉庫型店舗

Post navigation