タクシー会社が免許証の費用をだしてくれる

タクシーの運転手になるには普通自動車第二種免許証が必要ですが、普通自動車第二種免許証を取得するには条件があります。普通第一種免許証を取得してから3年以上経過していて21歳以上でなければ受験資格がないのです。受験資格を満たしていると、普通自動車第二種免許証を取得していなくてもタクシー会社へ就職してから取得も可能です。その場合には養成で入社するのでタクシー会社で免許証を取るための費用を出してもらえます。そのかわり、2年から3年間は会社を辞めることができず、期間内に退職すると自動車学校の費用を会社へ返済しなければならないのです。

国土交通省の許可をもらうための試験

無事に免許証を取得したらタクシーの運転手になれるわけではないのです。免許証を取得後は一部地域を除き、特定地域でタクシーの運転手になるには各都道府県の運輸局で試験に合格することによって、国土交通省の許可をもらって初めてタクシーの運転手としデビューします。試験内容は、接遇・法令・安全・地理の4科目全てに合格する必要があります。1科目でも不合格だった場合には再度試験を受けますが、また、4科目全てを受けて合格しなければ乗務員証の発行はされないのです。

人の命を預かる仕事だから非常に厳しい世界

これらの課程を全てクリアした者のみが、タクシーの運転手になることができる特別な仕事なのです。一つ間違えると人の命をも奪ってしまうので、責任が重い仕事です。違反などによって免許証が停止処分になった場合には仕事ができなくなり、違反や人身事故が多い運転手は乗務員登録の取り消しという思い行政処分があります。運転手本人だけではなく、会社にも行政指導が入り、それでも改善されない場合には会社にも行政処分として数台の車を営業停止にして車のナンバーを運輸局が没収します。

役員運転手のサービスは厳しい研修を受けた人材を用意してくれるので、技術も高く安心して運転も任せられます。

楽に見えるタクシーだが、実は厳しい試験を突破している

Post navigation