防犯対策を意識すること

防犯カメラというと名前の通り、犯罪を防ぐために設置するもの、という認識を持たれているでしょう。映像で記録が残るということは、確実な証拠になることも考えられるため、事件の捜査でも重要な役割を果たしています。防犯カメラを設置するだけで、その場所の緊張感は高まるので、犯罪の抑制にもつながるでしょう。犯罪は起きてほしくないものですが、犯罪を起こそうとする人がいる事実を受け入れ、しっかりと防犯対策をしていく必要があります。

カメラの設置場所を考えること

防犯カメラを設置する際には、建物や周りの環境など、さまざまなポイントから適切な場所を考えていく必要があります。気をつけておきたいのは、人の顔がちゃんと撮影出来ているかということです。なるべく見通しの良い、死角が発生しにくいアングルを探していくことが必要になってくるでしょう。犯罪が起こってしまった場合には、撮影した映像が大事な証拠となるため、人物の特徴をしっかり捉えられるようにしておきたいものです。

相手にカメラを気づかせること

防犯カメラには、一目で防犯カメラとわかるシンプルな形のものから、景色に溶け込み存在を感じさせないカモフラージュタイプのものまで、さまざまなラインナップが展開されています。その中でも犯罪の抑制に特に効果的なのは、相手にカメラの存在を気づかせるタイプでしょう。警戒心を抱かせることで、犯罪を行おうとする気持ちに迷いが生じ、犯行をあきらめることにもつながるからです。また、センサーライトを設置するなど、防犯に力を入れていることをアピールすることも有効な手段になるでしょう。

防犯カメラは映像を記録できる機能を持っていることから、窃盗や侵入などの犯罪を未然に防ぐ効果があります。

どこが正解?防犯カメラの設置場所で気を付けたいポイント

Post navigation