レンタルオフィスとは何か

会社で事務所を構える場合にはテナントを借りてそこを事務所にすることが多いのですが、最近はテナントを単に借りるだけでなくレンタルオフィスというものを利用している会社が多いことを知っていましたか?レンタルオフィスはもともと日本にはない考え方でしたが、1970年代に外国から日本に入ってきており、それが1990年代に日本に流行ったオフィスです。一番の特徴は場所だけでなく仕事に必要な機器や設備・備品などを借りることができる点ですね。

個人でも借りることができるレンタルオフィス

レンタルオフィスは短期で借りることができるため、金銭的な負担が少ないことも特徴の一つです。例えば、オフィスを移動する際に机やいすなどの荷物をわざわざ搬入する必要がないため、現代の機動力の必要なビジネスでは欠かせないのがレンタルオフィスなのです。このレンタルオフィスは個人でも借りることができるのです!例えば、個人事業主が毎日家で仕事をするのが飽きた時に外でオフィスを借りることで、気分を一新して仕事をすることができるかもしれませんね。

場所だけを借りることも可能?

レンタルオフィスの中で場所だけを借りることも可能になっています。例えば、住所だけを都内にしておき、実際に従業員が働いているのは地方都市ということも可能です。住所を都心部にすることで、信頼されるからという理由が一つにあります。事務所にはだれもいないと困るため、人をレンタルすることもできることがあります。また、郵便物は住所のある都内に来てしまうため、定期的に転送するサービスも利用することができる場合もあります。

レンタルオフィスは契約した当日から利用可能で、敷金や礼金を支払う必要もなく会社の住所として登記できます。

気軽に借りることが可能なレンタルオフィスの正体とは?

Post navigation